親の介護?もう脳内メモリーがいっぱいです

遠距離介護をどうするかについて考えるブログ

首都圏で介護施設を探すなら

ども。たなごころです。
 
久しぶりになってしまいました。
義父が入院後に、著しく身体機能が衰えてしまい
退院日にそのままショートステイへ入所しました。
 

f:id:tana-gocolo:20180702074343j:plain

介護認定は1から4〜5へなりそうです。
以前の1は低いなぁと思っていましたが、一気にこんなに上がるんですかね。
 
今まで不勉強だったのですが、介護度は7段階ある事を知りました。
また、施設の種類についても知識がなかったのでまとめてみました。

介護度は7段階

介護度は以下のように7段階あり、それぞれの介護度に応じて、在宅サービスの場合は利用限度額が大きく変わる。
要支援1 日常生活上の基本動作は、ほぼ自分で行う事が可能であるが、起き上がりや立ち上がりの一部を支援することにより、要介護状態となることの予防が可能
要支援2 日常生活において、歩行や洗身などに不安定さが見られることが多いが、日常生活動作の一部を支援することにより、要介護状態となることの予防が可能
要介護1 歩行や洗身などに加え、薬の内服や金銭管理に介助が必要な状態または医療的管理が必要な状態で、日常生活の一部に介助が必要
要介護2 立ち上がりや歩行など自力でできない場合が多い。排せつや入浴などに一部介助または全介助が必要
要介護3 立ち上がりや歩行など自力ではできない。排せつや入浴、衣服の着脱などに全介助が必要
要介護4 日常生活上の能力はかなり低下しており、排せつや入浴、衣服の着脱などに全面的な介助、食事摂取に一部介助が必要
要介護5 日常生活上の能力は著しく低下しており、生活全般にわたって、全面的な介助が必要
 
 

介護保険で使える施設

利用できるのは要介護1〜5。施設サービス費のほかに、居住費、食事、日常生活費がかかる。
特別養護老人ホーム(特養) 常に介護が必要な状態で、自宅介護ができない人が対象の施設。障子や入浴など日常生活の介護や健康管理を受ける(新規入所は要介護3以上)
介護老人保健施設(老健) 病状が安定していて、リハビリに重点をおいた介護が必要な人が対象の施設。医学的な管理のもとで介護や看護、リハビリを受ける。
介護療養型医療施設 急性期の治療が終わり、病状は安定しているが長期にわたって療養が必要な人が対象の施設。介護体制の整った医療施設(病院)で、医療が看護などを受ける。
 
所謂「特養」は費用面で「入居一時金がない」「公的に運営されているため低価格」
 というメリットがある上に、一度入居すると、基本的には最期まで入居し続けられます。(看取りをしてくれる)
 
やはり特養の入所希望者が多いので、順番待ちになります。
その間に、ショートステイを利用したり、有料の老人ホームで順番を待つといった方法を取るのが一般的なようです。
 

有料老人ホームの種類

介護付有料老人ホーム
介護が必要で自宅での生活が困難な方が、介護サービスを受けながら生活できる施設。
一般的な入居条件は65歳以上から。介護専用型施設は要介護度1以上。混合型施設は要介護でなくてもOK。
24時間体制で介護が受けられるよう介護スタッフが常駐しており、日中は看護師も配置されている。
住宅型有料老人ホーム
比較的自立した生活ができる高齢者が、生活支援のサービスを受けながら生活できる施設。一般的な入居条件は60歳以上で、自立〜要介護
要介護の人は外部の介護サービス事業者と別途契約が必要。
健康型有料老人ホーム
元気な高齢者が快適に楽しく生活できるよう支援する施設。
一般的な入居条件は、おおむね60歳以上、自立した生活ができる人
介護が必要になれば退去する必要がある場合が多い
 
 
スムーズに介護保険が使える施設へ入所できればいいのですが、現実はなかなかそう上手くはいきません。
沢山ある介護施設を見学して、親御さんの条件に合ったところを探すのはとても大変です。
入所基準がありますし、予算もあります。
 
そんな話を介護職の友人としていたところ
「施設をマッチングしてくれる専門家に相談すると早く見つけられるよ」
と、教えてくれました。
 
我が家の場合は東北の地方都市で、施設の件数も少なく、
親戚の話を聞く限りでは、ケアマネさんにお任せが殆どのようでした。
 
しかし、首都圏ともなると、情報を集めるだけで相当に大変そうです。
 
 
 
首都圏で手厚い紹介サービスをしているのが
 
介護士の紹介、派遣も手がけているから、施設の様子も把握しているそうです。
首都圏の全6000件以上の有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅の空室情報をリアルタイムで持っていて、入居サポートをしてくれます。
一人ひとりに担当アドバイザーがつくので、迅速で丁寧なサポートに定評があります。
 
 
 悩んでいる方、困っている方は、資料請求だけでもされてみてはいかがでしょう。
 
本当に、介護にかかる時間、お金、精神的な負担が軽くなる為には
情報を集める事が大切だと思い知った、たなごころなのでした。