親の介護?もう脳内メモリーがいっぱいです

遠距離介護をどうするかについて考えるブログ

親のお金の管理②〜介護あるある〜

どうも、たなごころです。
 
前回の記事で、施設に入っている義父がお金の件で不信感を抱いている様子をお伝えしました。
 
義父のお金を着服するつもりはありません。
しかし不信感を抱かれるのならば、納得してもらえる公的な制度があればいいのに。
調べてみました。
いつも通りざっくりです。
 
財産管理、生活支援(買い物の付き添い等)
本人の状況によって、以下の3通りの方法から選ぶのが良さそうです。
 
表にしてみました。
 
 
日常生活支援事業
成年後見制度
家族信託
本人の状況
判断能力がある
判断能力が低下
判断能力がある
支援内容
生活支援
財産管理・契約・法律行為
財産管理
所管
厚生労働省
法務省
法務省
窓口
社会福祉協議会
家庭裁判所、弁護士、司法書士、
社会福祉協議会
弁護士、司法書士
費用
1回につき1200円前後
(自治体により異なる)
後見人が親族、一般人、専門家によって異なる
(0〜6、7万円/月)
専門家による文書作成や法的手続きの代行は10〜20万かかる
公正証書作成料がかかる
目的額(財産)によって異なる。
弁護士や司法書士に依頼した場合はコンサルティング料が30万〜
メリット
負担額が少ない
地域のサービス
後見人が財産の管理ができる
本人が結んだ不利な契約の取り消しができる
成年後見制度の代用として柔軟に財産管理ができる
遺言機能がある
2次相続以降の承継先まで指定できる
デメリット
自治体によって支援内容と金額設定にバラつきがある、財産の管理はしない
手続きや書類の作成に費用がかかる
後見人に報酬を払う
相続税対策や本人の財産が動かせなくなる
損益通算ができない
税務メリットはない
コンサルティング料が高い
申告の手間が増える
長期間当事者が拘束される可能性
 
色々と細かい内容は割愛します。
頭が痛くなってきました(笑)
 

・日常生活支援事業

身体能力が衰えてきたが、判断力はある。障害がある場合等に生活全般のきめ細かい対応をしてくれる制度。
外出や買い物、契約等の立会い。財産管理はしない。
 

・成年後見制度

資産家が判断能力を失った時に使う制度といった印象です。
後見人へ交通費や報酬を支払う必要があります。裁判所が間に入るのでかなりきっちりと財産管理が行われるようです。
節税対策の生前贈与等はできなくなります。
 

・家族信託

家族の誰かを指定できて、かなり融通のきく制度。
これ、いいじゃない!と思ったのですが、家族信託に関する法改正が行われたのが2006年。まだ利用者も専門家も少なく、コンサル料も後見制度より高くなるようです。
個人で手続きをして不備があった場合、拘束力はしっかりあるので、かえって大変なことになりそうです。
 
 
調べてはみましたが、すでに施設入所中の義父は生活支援には該当せず
後見制度や家族信託はそれなりに財産家向きの制度でした。
義父にはこういった制度を利用するほどの財産はなく、
夫に兄弟もいないので、我が家で利用するのは現実的ではありませんでした。
 
 
 
義父と夫がきちんと話し合っていくしかないようです。
 
 
 

 

親のお金の管理①〜介護あるある〜

どうも、たなごころです。
 
義父が退院してから3ヶ月が経ちました。
施設で暮らすようになってから、元気になったのですが、
私が心配していた問題が起きました。
 
お金の管理です。

お金を使い始める

入所した時に義父のお財布に1万円
施設に3万円預けました。
ちょっとした買い物や床屋代等を自分で払うようにです。
 
しかし、ケアマネさんから「困っている」と連絡がありました。
訪問販売飲料の◯◯ルトや栄養ドリンクを施設の職員さんの人数分買って振舞うのです。
 
足が悪くなって家から出なくなった義父は
お買い物をしてくれた人、家の周りを掃除してくれた人等々に
謝礼をしていましたが
内容や金額がちょっと多いし頻回です。
 
お礼をする気持ちもあるのでしょうが
他人に世話される立場と思いたくない、プライドの維持のためにしている部分もあるように感じました。
何かしてくれた人にも、ストレートにお礼を言わず
お金を払っているからと偉そうにする時がありました。
 

判断力の衰え

先の電話の続きの話で
施設でも、蜂蜜の訪問販売が来た時に
1本1万×7本買おうとしたとのこと。
職員さんに配る為です。
 
そして、金銭感覚や記憶、判断力が少し衰えている。
施設に3万預けたと言ったものが、本人の中で30万になっていたり。
 
30万あると思っていたのに蜂蜜が買えなくて、
職員さん達に諭されて
(何十万も預かってくれるはずがなく、3万でもそんなに?と言われました)
夫へ義父から電話がありました。
「年金はどうなっているのか」と。
夫は言葉通りに受け止めて、銀行にあるからと返事をして電話を切ったようです。
(ここの父子は、きちんと話しをしないので、すごくめんどくさい。よほど必要な話以外は、帰省の時も一言か二言しか話してませんから)
 

お金とプライド

義父にとってはお金はプライドを保つ為に必要なもの。
わざわざ朝の8時に電話して来た真意は?と考えてみました。
 
この話を聞いた翌日に施設へ電話しました。
「もしかして手持ちのお金を使い果たしているのでは」と確認したところ
 
「全部ご自分で持っていたいとのことで、今はご本人が持っているので正確な残額はわかりません。まだあると思います」とのことでした。
 
お金を自分で管理していることは、プライドに直結します。
子供だって、お小遣いをもらうようになれば成長したと自覚し
学生になってバイトをして、更に使えるお金が増えれば大人の気分です。
自分のお金を持っている事は一人前の証しです。

今後の問題

こうなってからの、入所のために買ったもの。入院中に買ったもの。家の管理のためにかかった費用、往復の交通費、冠婚葬祭の立替分、等々
一通りレシートを残し、記録をつけておいて正解でした。
夫は「必要経費だから、後でオヤジの口座から下ろせばいいだけ。そんなのつけなくていい」と言っていましたが。
 
入院していた時は意思の疎通が難しいくらいに衰えていましたけれど、今は違います。
自分のお金を勝手に使われると思うでしょう。
 
こういった場合の財産管理の手続きについても調べてみました。
次回の記事で書こうと思います。
 
 

手元スピーカーを検討してみる。〜難聴でテレビを大音量で聞く問題〜

どうも、たなごころです。
 
2年前からでしょうか。
義父がテレビの音を物凄く大きくして聞いています。
 
最初はびっくりしました。
コンサート会場?と思うような、とんでもない音量なので。
 
耳が遠くなってしまったようでした。

耳はとにかく直ぐに病院へ

お年寄りは耳が遠くなる。
耳の遠いお年寄りの耳元で大声で話しかける。
なんていう場面が落語ではよくありますね。
昔はドラマでもよくありましが、最近は減ったと思いませんか?
 
これは気をつけていれば防げるようです。
お年寄りの難聴は突発性難聴が多いようです。
突発性難聴は早めに治療すれば回復する可能性が高いのですが
放置していると、そのまま聴力が落ちてしまうようです。
とにかく、耳は症状が出たら直ぐに耳鼻科へ行く事なのですが。。
 
義父の場合は、気がつかなかったようです。
病院嫌いもあり。
気がついた時には遅かったようです。
 

テレビの音量問題

こんなに大きな音を出して、ご近所迷惑だろうと思うのですが
幸い、義父の家の茶の間は隣の家とは近接していません。
ご近所の皆さんが優しいので、音の問題で苦情を言ってくる方もいませんでした。
 
しかし、施設ではどうなのか。
この前は、義父の部屋から大きな音がフロア中に響いていました。
 
これは手元スピーカーか何かで対応しないとご迷惑なのでは。。
 

f:id:tana-gocolo:20181018155118p:plain

手元スピーカーを検討する

耳元で音を出せれば、テレビの音が抑えられると思います。
手元スピーカーを検討してみました。
 
調べてみたところ
・イヤホンジャックからコードを繋いで、手元に持ってくるタイプ
・ワイヤレス送信機にテレビを繋いで、スピーカーで受信するタイプ
が、あるようです。
 
同居や子供が近くにいる場合は、ワイヤレスを設定してあげると
コードが無くていいかもしれませんね。
コードがあると、あちこち持ち歩くうちに断線して買い換えとなる場合が多いようです。
 
注意点として、電波の運用帯域が2.4GHzの場合は、電子レンジの使用中などに干渉を受ける問題があるでしょう。マンションなど、使用する場所がキッチンと近い場合はちょっと考える必要があるかもしれません。
  
高齢者の独り暮らしの場合は、ワイヤレスの設定など一人でできるかという問題があります。
その場合は、イヤホンジャックに差し込んで使うタイプの方が、シンプルでわかりやすいかと思います。
 
 

見た目もお値段もいろいろお好みは?

 
充電式で、送信機がドックになってます。
通信距離最大25mとうたっています。
 

リモコン付き手元スピーカー AM/FMラジオ搭載 YTR-200 手元スピーカー ワイヤレス 集音器 リモコン付 AM/FMラジオ 山善 YAMAZEN キュリオム【送料無料】【あす楽】

価格:5,480円
(2018/10/18 15:14時点)
感想(11件)

お値段が手頃なのと、操作ボタンが大きくて「大」「小」と日本語表示で

高齢者に親切設計だと感じました。

AM、FMラジオ機能付きです。

 

 

JVC SP-A55-S ポータブルスピーカー シルバー

JVC SP-A55-S ポータブルスピーカー シルバー

 

 これはイヤホンジャックに差し込んで使うシンプルなもののようです。

見た目はレトロで、お値段は2千円代。コードは5m。

色違いで黒があります。

 

 

パナソニック ポータブルワイヤレススピーカーシステム ブラック SC-MC20-K

パナソニック ポータブルワイヤレススピーカーシステム ブラック SC-MC20-K

 

 これはおしゃれな感じですね。お値段は8千円代。

色違いで白と赤があります。

 

他にも検索すると、沢山の種類があります。

 

義父は個室で、ベッドからテレビまでは1.5mあるかないかの距離です。

コンセントが少ない部屋なので、次回行った時にテレビ周りで電源が取れるのかを確認して決めようと思います。

遠距離だからこそ、お金の話をしておかないと〜遠距離介護あるある〜

どうも、たなごころです。
 
今日は「思わぬ困った」について
 
 

 

親がどこにお金を預けているか知っていますか?

義父が入院するまで、年金や預貯金をどうしているかは知りませんでした。
まぁ。なかなか聞けないのが普通でしょう。
しかし、今はちょっと困ったことになっています。
 
義父は地方銀行と、地元の信用組合にお金を預けていました。
体が動かなくなってから、信用組合が親切だからと
預金の大半と年金の受け取りも信用組合にしたようです。
 
ところが地方の信用組合はこちらに支店がありません。
お金を引き出すには、平日に帰省する必要があります。
実親なら、私がもっと動くのですが
夫は一人息子で何か言う人はいないとは言え
「お嫁さんがいいようにお金を使ってる」なんて田舎では直ぐに噂になりますから
義父のお金は夫にきちんと管理してほしい。
 
夫もそうそう平日に休みが取れません。
今のところ東京支店がある、地方銀行の預金から支払いをしています。
「後でまとめておろすから、うちで立て替えれば」
夫は軽くそんなことを言いますが、毎月十数万です。
それに、あくまでも義父のお金。
私としては「どこへ何のための支払いをしたか」の履歴が通帳に残る方法で振り込みしたいのです。
 

キャッシュカード持ってる?

そんなわけで、都心にあった東京支店まで通帳と印鑑と請求書を持って振り込みに行きました。
口座を持っている地銀は二つ。
県名を銀行名にしている方は、ビルの1階フロアにあり、内装も銀行らしくカウンターとATMが2台。
こちらで振り込みをしてもらいました。
事情を話したところ、窓口の方が
「キャッシュカードをお持ちのはず。それがあればコンビニから振り込みができる」
と教えてくれたのですが
ガラケーを使えなかった義父ですから、日常使っていたとは思えません。
実際通帳と一緒にはありませんでしたし、
持ち歩いているカードケースにはポイントカードしか入ってませんでした。
カードを見つけたとして、暗証番号を覚えているでしょうか。
コンビニ振込は、ほぼ無理と思われます。
 
もう片方の銀行は水道光熱費等の引き落としに使っていました。
先の銀行からは地下鉄で二駅、歩いても20分かからないかな。
ついでなので記帳だけしてくることに。
オフィスビルの4階。エレベーターを降りてすぐにATMが1台。
通路を奥へ進むと窓口業務をしてくれる事務所があるようですが、入り口からは見えませんでした。

お金の話ができる信頼関係はあるか

今回のようなことは、私が平日に動けるからできることで
フルタイムで働いている場合は、お金を引き出すことも、振り込むこともできません。
通帳と印鑑しかないのですから。
家計からの立て替え払いが増えることになるでしょう。
 
ネットバンキングの手続きもキャッシュカードを作るのも、本人でないとできません。
例え委任状等によって手続きしたとしても
キャッシュカードの受取り、ネットバンキングの認証パスワードは書留で送られて来ます。
書留は転送はしてくれませんし、郵便局に留め置いたとしても、受取りは本人です。
施設に入所してからでは何もできないのです。
 
これは地方に親をおいて来ている人に特有の事情かもしれません。
地域によっても状況は違ってくるでしょう。
 
ともかく、お金の話ができる関係を作っておかないと
銀行手続きの為に時間を作る必要が出て来ます。
ちょっとしたことではありますが、ストレスになると思います。
 

我が家はダメダメでした

義父は地元は離れたくない。
言葉の訛りもきついので、正直私も何を言っているか今ひとつわからない。
東京の施設に入れたとしても、きっと辛い。
等々、相談した結果の今の状況です。
 
相談したと言っても、
父と息子です。
 
何年も前から
「次に帰省したら、お義父さんに何かあった時の為に必要な事を聞いて」
と頼んでいましたが、全くそれらしい会話もなく月日が過ぎました。
 
老人ホームが決まれば、引き落としの手続きをすると思いますが
思わぬところでちょっとした困りごとがあったので、参考の為に記事にしておきます。
 
 

空き家の実家について、アレコレ〜遠距離介護あるある〜

どうも。たなごころです。
義父が施設に入所しました。
 
空き家になった実家のアレコレについて書きたいと思います。
 

f:id:tana-gocolo:20181013081800j:image

新聞、牛乳など、定期購入しているもの

新聞は見れば現在購読しているものはわかるでしょう。
牛乳も領収書や、玄関先にボックスがあるので、調べて連絡しました。
 

警察や近所の交番に届ける

私たちは届けることには気が回らなかったのですが
近所の人か叔母が、現在は空き家だと伝えていたようです。
地方の高齢化や空き家化は深刻で、一人暮らしの老人がとても多いです。
義父の市では、地元警察は定期的に巡回して目配りしているようです。
 
夫が車庫を片付けていたら、パトカーが家の前に止まり
「あなたは誰ですか?」と職質されました(笑)
これくらい目を光らせてくれると安心です。
 

電気

向こうへ行ったら、私たちが使うので、解約はしていません。いまのところ。
通う頻度にもよると思います。これは今後の検討課題です。
 
施設入所が決まるまではこちらも気が回らず何もかもそのままで留守にしていました。
しかし、北海道の地震で「通電火災」の事を思い出し、
いない間に地震等で「停電⇨復旧からの火災」となったら大変と
ブレーカーを落としてくるようにしました。
 

ガス

ガスはプロパンです。こちらは停止しました。
行った時にお風呂はどうするのか?と思うところですが、風呂は灯油です。
都市ガスが供給されていない地域にはあることのようですね。
 

灯油(北国の場合?)

北国では暖房に欠かせません。
家の外にホームタンクがあり、頼めば入れに来てくれるようです。
 
ガスと灯油は同じ会社でした。
 

水道

元栓を閉めてくるだけで、特に手続きはしていません。
これも通う頻度によって検討していくことになります。
 
今回は念のために「凍り止め」という元栓のしめ方をしてきました。
蛇口を開放したまま、元栓の方を閉めて宅内の配管を空にしてきます。
従兄弟の家(空家)はこれをやり忘れて、この前の冬に水道管が破裂したそうです。
 
 

固定電話

解約すると加入権が消滅します。
「休止」扱いにすればNTTが10年間加入権を預かってくれるそうです。(10年が過ぎたら消滅です)
しかし「休止」の場合は電話番号はなくなるとのことで、夫が少し迷っていました。
「中断」扱いにすれば電話番号は生きるのですが、月々の回線使用料も支払い続けなければいけません。
それは勿体無い。今現在、既に使う人もいないのに。
 
今後、義父が家に戻る時に一人はない。
電話を使うこともないだろうと
夫の気持ちも固まり、休止手続きをします。
 

携帯電話

携帯電話。義父は全く覚えられず、充電もしないので使っていませんでした。
それでも息子(夫)は持たせておきたかったようで、900円ほどの基本料金を払い続けていました。
今回、解約したのですが、更新月が6月だったので、違約金がかかりました。
2年後の更新月まで基本料金を払うと違約金を超えるので解約しました。
更新月と基本料金を後何ヶ月払うかを計算してから解約しましょう。
 
 

郵便物

郵便物は転送手続きをしてきました。
これは「転居」の為のサービスが前提の為、転送してくれるのは1年間となります。
転送を延長してもらうことは可能ですので、1年が過ぎる前に転送の延長手続きをします。
転送されてくる郵便に「何年何月何日まで」と日付が印字されていますので、控えておきましょう。

f:id:tana-gocolo:20181013090750j:plain

転送開始希望日の2ヶ月前から受付してくれます。
通販のDM関係は電話すれば止めてくれます。
 
 
 
とりあえず空き家への対処は済ませることができました。
家の中を片付ける事を考えると気が遠くなりますが。
 

 

余談

夫は小学校卒業まで団地暮らしで、中学入学時に新築して現在の家に入居したそうです。
大学進学で地元を離れ、卒業後も家に帰る事なく東京へ出て来たそうです。
つまり、この家には6年しか住んでいません。
 
しかし、固定電話の件でもわかるように、実家への思い入れが結構あります。
両親の家を大切に思う夫の気持ちもわかります。
私が思いやりのない嫁なのかもしれません。
 
不動産関係の仕事をしている方が言うには
男の人の方が家にこだわるそうです。
女性は土地や家を「継ぐもの」という考えが薄いからなのかな〜?
人口減少してる地方の、築40年以上の家。
代々継いできた歴史がある土地でもない。両親は勤め人でしたから。
持て余すだけ。ゆくゆく相続したら私達の子供が困ります。
 
夫も頭ではわかっているようですが
元々情緒的なこだわりを大切にするタイプです。
それは私に足りない部分でもあるのですが
年齢のせいか、この頃は少し過剰に感じます。
事務的に事を運ぶ必要がある時は
 
ちょっとめんどくさい。。。
 
 
 
 
余計な愚痴でした。
 
 

冬支度〜冷えと高齢者〜

どうも、たなごころです。
いつの間にか季節は秋ですね。
暑がりの私はまだ半袖ですが、
お年寄りはもうすっかりたっぷり着込んでますね。
 
高齢者は寒さに敏感です。
衣類の冬支度は早めにしておきましょう。
 

 
たなごころの義父は東北なので、季節の進みが早いです。
8月に行った時に、秋物を箪笥に入れてきましたが
施設から連絡があり「足の冷えを訴えるので、長いズボン下を」と言われました。
箪笥に入っていたズボン下は七部丈だったようです。
 
高齢者はなぜ、そんなに寒いのか
新陳代謝、循環器、自律神経、脳の認知の誤作動等々、調べれば理由は様々です。
しかし、本人が寒いと感じているのは事実。
 
少し体を動かしたりして、自律神経を鍛えるといいのでしょうが
そうもいかない人がほとんどでしょう。
 
気持ちの問題もあります。
本人の訴えを聞いてもらえ
暖かい寝具や防寒着、厚手の靴下などを用意することで
安心感から訴えも減るかもしれません。
 
寒さを感じている理由には動脈効果などの病気が隠れている場合もあります。
手足などの末端の寒さを訴えている時は、
体温に左右差が無いか触ってみる事も大切です。
 
高齢者が感じる寒さには、心理的なアプローチも有効なようです。
部屋の照明やインテリア、衣類を暖色系のものに変えると感じ方も変わります。
 
 
 
 
 
記事を書きかけで放置していました。
書いたのは9月中旬のことです。
前回はお彼岸の時期に帰省しました。
 
季節が1ヶ月違う東京では、寒さ対策は今くらいがちょうどいいのかしら。
 
 
 

 

もしかして認知症?親の様子が気になった人へ〜認知症チェックリストリンク集〜

お久しぶりです。たなごころです。
気がつけば、9月になって10日も経ってしまいました。
夏休みはいかがお過しでしたでしょうか。
 

 
さて、今回は、お盆休みに田舎に行って、
親御さんの様子が気になったという方へ
認知症チェックリスト集を作ってみました。
 
自分でも試してみたりして(笑)
 
 
私も8月の後半に義父のところへ行ってきました。
ショートステイへ移って1ヶ月。
退院時よりすっかり元気になっていて、それ自体は喜ばしい事なのですが
生活環境の整った場所にいて、もうなんでも一人でできると思うのでしょう。
「家に帰る」と言われてしまいました。
 
正直、一人暮らしに戻すのは無理です。
元気になったと言っても、自分で車椅子に乗って足漕ぎで移動できるとか
スプーンでなんとか食べられるようになったとかです。
 
トイレへ行く時に体の向きを変えるなどの日常動作には介助が必要です。
昼間はヘルパーさんを頼んだにしても、夜は一人です。
以前に転倒した事もあリました。
入院して2ヶ月なのですが、「一年になる」と言っていました。
お金の事や事務的な事に関する記憶も曖昧です。
 
「帰れば、◯◯と、◯◯とか(町内のお友達)みんないるから」
皆さん、70代、80代です。
義父の介護の為にいるわけではありません。
多少、不便なところを助け合う事はあったとしても
日常生活が困難になっている人の世話をお願いするわけにはいきません。
 
夫からそう言われて、しゅんとなっている様子を見ると気の毒です。
おとなしい人ですが、案外社交家で
他の入居者さんや職員さんとも仲良くやっているようです。
もし、こちらへ連れて来ても、方言を聞き取れる人が少ないでしょうから
(私もあまりわかりません)ストレスもたまるでしょう。
仕方ないとはいえ、なんともやるせない気分の今日この頃です。
 
ではまた。
 
 

 

 

www.tanagocolo.work

www.tanagocolo.work

www.tanagocolo.work

www.tanagocolo.work